医療懇談会のご案内

 オーストラリアに住む在留邦人にとって、当地の医療に関する情報を得て理解することは大変重要です。CJCでは健康と医療に関する情報をニュースレターやCJCトークを通して会員の皆さんにお知らせしてきました。

 さて昨年に引き続いて、日本大使館に医務官として勤務なさっておられる栗田実参事官のご協力を得て、医療懇談会を開催することとなりました。栗田参事官は外務省本省及びオーストラリアを含めて7ヵ国で勤務という豊かな経験を持っていらっしゃいます。日本とオーストラリアの違いを踏まえたうえで、病気と健康管理、そして医療機関を受診するうえでの注意点などについてお話しいただきます。また講演と質疑応答終了後には、個別の相談に対応していただく時間をとってくださっています。大変貴重な機会ですので、奮ってご参加ください。

 但し、今回の懇談会は情報提供を目的とし、基本的には、個人の病状についての診断、或いは治療指針の提示などの医療行為の提供はございませんのでご留意ください。

 参加資格はCJC会員のみならず広く在留邦人の方々を予定していますので、お知り合いにも声をおかけください。

<栗田実参事官のご経歴>

1983年医師免許取得、1995年外務省中途入省。1995年までは臨床医。その間、日本外科学会ほか2学会の専門医認定を受け、また大学院での研鑽で医学博士号取得。

外務省入省後、国際保健の分野を調査研究。これにより国内大学医学部から客員教授を授与。現在までに、外務本省およびオーストラリアを7ヶ国目とする各国日本大使館に勤務。

<懇談会の詳細>

日時:11月3日(土) 午後2時~3時15分

会場:グリフィンセンター 6号会議室(1F)20 Genge Street Canberra ACT 2600

内容: 栗田実参事官による講演「当地での健康管理、医療機関の問題とその対応:アップデートバージョン」

    及び、医療事情についての質疑応答   

    3時半より 個人相談 (一人15分程度で10名まで対応可能)

主催者:キャンベラ日本クラブ

申し込み:10月29日までにEventbrite での申し込み、あるいはinfo@canberrajapanclub.org.auまでお願いします。

個人相談希望は、当日申し込みを受け付けます。お子様連れの参加は、講演及び質疑応答さらに個別相談の待ち時間に対応できる場合は可能です。