Author Archives: Tomoko

10月26日キャンベラ奈良キャンドルフェスティバル

今年も10月26日(土)午後4時より奈良パークにて、キャンベラ奈良キャンドルフェスティバルが開催されます。

CJCからは、照り焼きビーフ丼と照り焼きビーフロールのお店を出店します。

経費を除いた売り上げ金はすべてCJCの活動資金となりますので、ぜひ皆様CJCへのお店へお越しください。 

 

また、お時間のある方はぜひCJCのストールのお手伝いをお願いします!

お手伝い頂ける方は、info@canberrajapanclub.org.au 宛に、

3時ー9時の間でご都合の良い時間をお知らせください。キャンドル祭のストールはメンバー間の親睦の場となっています。ぜひ皆でお話を楽しみながら、お手伝いください。

ロスター作成の関係上、10月20日くらいまでにご連絡ください。

 

Saturday 26 October 4pm – 9pm
Canberra Nara Peace Park in Lennox Gardens

http://www.events.act.gov.au/nara

2019年Annual Lunch ラッフル賞品提供者

2019年のアニュアルランチのラッフル賞品を提供してくださった企業、個人の方々は、下のURLをクリックして頂けるとご覧になれます。ラッフル賞品の提供、どうもありがとうございました。

2019 年Annual lunch ラッフル賞品提供者リスト NL

 

10月19日 CJCトーク 石丸二等書記官

10月のCJCトークは、石丸二等書記官による、生活に役立つ安全に関するトークです。

日時:10月19日 土曜日 2時半より3時半まで

場所:グリフィン・センター Room 9

講師:石丸二等書記官 

内容:○自己紹介(自衛隊での活動等),○ACT犯罪・事故発生状況,○最近の犯罪事例紹介,○豪州におけるテロ情勢及び対策,○大使館による取組み,

講師経歴:大学卒業後,民間企業に就職するも,学生時代から国内外で人の役に立つ仕事がしたいという強い気持ちから,思い立って陸上自衛隊へ入隊。入隊後は,精鋭部隊である習志野第一空挺団に所属し,偵察小隊長,副中隊長等を歴任。数多くの警備訓練や海外訓練に参加する一方,東日本大震災をはじめ災害派遣等に従事し,2018年6月から在豪大使館において勤務(外務省に出向中)。

日々の生活の中で、犯罪の被害者にならないために、また、巻き込まれないために、私達が出来る事を確認し新しい知識を取り入れる事は大変有意義な事だと思います。皆様、是非ご参加ください。

申し込みは、Eventbrite、メール、電話にて、10月10日まで受け付けています。

Eventbrite:https://www.eventbrite.com.au/e/cjc-1019-tickets-74381161055

メール:info@canberrajapanclub.org.au

電話:0403737640 スターク由美子まで

CJC会員の方は無料、CJC非会員の方は、当日参加費として$5がかかります。

 

9月8日(日)総会・アニュアルランチ

2019 年 総会・アニュアルランチ

日時:9 月8 日(日)12 時から
場所:Limestone at Ainslie Football and Social Club(52 Wakefield Ave, Ainslie ACT 2602)
(会場は二階のマッカーサーという広間になります)

お申し込みは下記ウエブサイトから。
eventbrite URL:
https://www.eventbrite.com.au/e/2019-tickets-69152696577またはemail, お電話でも受け付けております。

詳しくは、右のURLをクリックして、チラシをご覧ください。2019 anual lunch

お申し込み締め切りが、9月1日と少々忙しくなっています。

皆さん、はやめに申し込んでいただけますと助かります。

 

 

8月10日 CJCトーク 田中教子さん&サヴァンダリー・ヴォンプーソンさん

次回のCJCトークは、8月10日(土)午後2時半から、グリフィンセンターにて、田中教子さんとサヴァンダリー・ヴォンプーソンさんによる “シルクロードの文様とうた~東大寺二月堂の階段から~” が行われます。

闇の支配下にあった長い冬が過ぎ春の足音が遠くに聞こえ始める頃、奈良東大寺二月堂では十一面観音の悔過の行がはじまり、練行衆の声明が闇と火の中から厳かに聞こえてくる。

2017 年3 月、この神秘の行法を目の当たりにした歌人・田中教子とモダンアートの画家サヴァンダーリー・ヴォンプーソンの魂が共鳴し、大型のコラボレーション作品を作り上げた。この作品は、2019 年8 月15 日より10 月13 日ANU 付属美術館「 Drill Hall Gallery」サヴァンダーリーの回顧展の一室で展示される。1299 年間絶えることなく続いた東大寺の奇跡の行法と、今日の国境を越えた二人の芸術の実践は、まさに壮大なる古今の異文化の交流と言えるだろう。

Drill Hall (ANU)2019.8.16~10.13
https://dhg.anu.edu.au/events/savanhdary-vongpoothorn-a-survey/

<講師紹介>

田中教子(歌人・書家・研究者)

アララギの歌人で万葉集の研究者であった故猪股静弥に師事して1986 年19 歳で短歌をはじめ、離婚や家族の死、乳癌の
経験を経て、2008 年第3回中城ふみ子賞を受賞して注目される。近年は評論連載に注目が集まり、2019 年『覚醒の暗指』で27 回ながらみ書房出版賞を受賞。短歌研究者としては、2018 年同志社女子大学より博士号(日本語日本文化)を授与され、2019 年作品社より『斎藤茂吉』を刊行。茂吉とヨーロッパの「未来派」の関係を解いて近現代短歌の歴史と現代詩の歴史を変えたと注目される。また書道は1990 年より漢字を故・林田芳園、仮名を故・桑田三舟に師事して日本書芸院展、読売書法展など受賞多数。日本書芸院無鑑査会員。現在近畿大学にて教鞭をとる。2010 年より奈良市とキャンベラ市の姉
妹都市友好の「短歌とTANKA」の活動を行っている。

サヴァンダーリー・ヴォンプーソン

1971 年ラオスに生まれ、1979 年家族と共に渡豪。1992 年ウェスタンシドニー大学を卒業、1993 年ニューサウスウェルズ大学のビュジュアルアート科を優秀な成績で卒業し、以後、スコットランド、日本、シンガポールなどで研鑽を積んだ後、毎年数々の展覧会、個展に出品。受賞多数。作品はオーストラリア国立美術館(キャンベラ)、国立現代美術館(VictoriaQueensland)ニューサウス州他、大学美術館、有名企業個人に買い上げられている。

お申し込みは、Eventbrite、メール、或いは、電話にて、8月7日までにお願いします。

Eventbrite:右のリンクから申し込みできます。https://www.eventbrite.com.au/e/cjc-tickets-66267755641

メール:info@canberrajapanclub.org.au

電話:0434589190 アベネール朋子 または、0438824538 ラム直子まで

尚、CJC非会員の方は、当日参加費として$5のお支払いをお願い致します。