CJCについて

CJCのご案内(キャンベラ ジャパン クラブについて)

CJCは、1997年準備委員会が設けられ、

  1. キャンベラ及びキャンベラ近郊に在住の日本人・日系人の相互援助
  2. 会員の日本文化・教養を高める
  3. 地域社会での日本文化に対する理解を高める

を目的に1998年に正式に設立されました。

会員間の相互援助を図る為にサポートネットワークを設け、ボランティアを募り、援助の依頼に応えています。また、各種セミナーを企画して、ボランティアの介護技術や意識向上のお手伝いもしています。
定期的に、会員を対象とした各種講演会の企画・開催があり、年に一度アニュアルディナーが催されます。また、毎週土曜日には、子供会員のための日本語学校も、開かれています。最近では、会員のイニシアティブで誕生した多種の趣味の会が定期的に活動を行なっています。幼児をお持ちのお母様方の要望により、幼稚園も開園しました。

 

地域社会での日本及び日本文化に対する理解を広めるため、毎年、秋祭りとキャンドル祭では手作り日本食屋台等を運営し、地域社会の人々との交流を楽しんでいます。ここでの収益金は、CJC運営費として活用されます。
内容豊富なCJCニュースレターを年4回発行しています。各催し物の案内や報告はこのニュースレターで広報されます。また、電子メール(入会申込書でアドレスの登録が出来ます)でも、イベントや耳より情報などをご案内しています。
CJCは、現在12人で構成される委員会が中心となって運営されています。 2020年8月現在の委員会の構成は、次の通りです。

 

会長 ラム 直子
副会長、渉外 小梛 秀樹
会計 堀内智恵子 フォスター桂子
事務局 福本   るみ 吉川美穂子
幼稚園、日本語学校 松本 直樹
WEB アベネール朋子 スターク由美子
庶務 福井   美穂子  ダリン・ハミルトン